2000年1月2日日曜日

アセクシュアリティ研究者の方へのお願い

私はアセクシュアリティ論文(主に卒論)執筆希望の学生の方などから、過去、何度か依頼を受けたことがあります。なので、もしかしたら今後も依頼のお申し出があるかもしれません。
そのため、この記事では私の協力スタンス、お願いしたい事を書かせていただきます。依頼される場合は以下をお読みの上でご連絡くださいませ。
[2015年2月12日、更新しました。]

[研究者、学部生、修士課程、博士課程の方共通]
1 依頼される場合、本名と所属大学、学科、専攻などを明らかにしてください。
(非常に当たり前のことなのですが、実際にハンドルネームで論文への協力依頼をされた方がいるので・・
協力を公募する時点で本名および所属先は明示すべきであると、複数の研究者よりご指摘いただきました。)

2 アセクシュアリティについて考察され、小論、レジュメ(公開していなくてもかまいません)などを過去に書いている方。
すみませんが、過去に一度もアセクシュアリティについて考察したこともない、文章を書いた事(公開目的でなくても)も無い方へのご協力はいたしません。私のブログでも論文などを挙げております(http://yukieba.blogspot.jp/2000/01/asexuality.html)し、まずはある程度知識を持っておられる事が条件です。

[学部生の方向け]
完成前に私が協力した部分について私に見せて確認を取ってくださる事。
完成後、私に論文のコピーをお渡しいただけることが条件です。

[修士課程の方向け]
私が調査に協力した部分は必ず完成前に私に見せて、確認を取っていただけること。
完成した論文が研究者の依頼に応じて閲覧することが出来る事、もしくはCiNiiなどに登録することが必須条件です。
できれば完成した論文のコピーを頂けるとありがたいです。

[博士課程の方へ]
完成前に私が協力した部分について私に見せて確認を取ってくださる事。
完成した論文のタイトルを教えて下さる事が必須条件です。
できれば完成した論文のコピーを頂けるとありがたいです。

[研究者の方へ]
完成前に私が協力した部分について私に見せて確認を取ってくださる事。
完成した論文を、公開することが必須条件です。
学会雑誌などに載せた場合は、タイトル名、雑誌名、掲載ページなどをご呈示ください。
できれば完成した論文のコピーを頂けるとありがたいです。

-----
研究結果を公開し、他の人たちと分かち合う」がポイントです。研究成果は広く分かち合い、世代を経るごとに知見が蓄積され、より質の高い論文になっていってほしい、そして社会にその結実をもたらしていただきたい、というのが私の望みです。
アセクシャルで卒業論文は書きたい(あるいは単位を取得したい)、でも公開はしたくない、という意思の方に協力はできかねます。それでは研究成果の共有ができないからです。こう申し上げては失礼ですが、一個人の利益のために協力することはできません。

以上を読んでご了承いただける場合は、yukie.ba@ジーメールコム(適当に直してください)にご連絡ください。

2000年1月1日土曜日

アセクシュアリティ(asexuality)に関する文献、資料など(〜2013年まで)

2014年以降の文献ページはこちら:
http://yukieba.blogspot.jp/2000/02/asexuality.html
***
この記事では2013年までのアセクシュアリティ(asexuality)に関する学術論文や資料のタイトルを載せます。研究者の方向けになると思います。ここに載せている論文の多くはgoogle schlor(http://scholar.google.co.jp/)でキーワード「asexuality」などで検索して見つける事ができます。

同じ著者の論文でも、後で書かれた論文で訂正があるようですので、なるべく最新のものを参照されることをおすすめします。

研究への協力について、坂口ユキエに依頼される場合は(http://yukieba.blogspot.jp/2000/01/blog-post.html
もご覧いただいた上でお願いいたします。

-----------------------
おすすめ記事
Huffington Postによるasexualityシリーズ(全六回)(2013年)
著者:Dominique Mosbergen
リンク:http://www.huffingtonpost.com/2013/06/17/asexuality-the-x-in-a-sexual-world_n_3444417.html

-------------------------------------------------------------------------------------
[2013年]
タイトル:Asexuality and Its Implications for Sexuality Studies
著者:Mark Carrigan
リンク:http://markcarrigan.net/2013/11/26/asexuality-and-its-implications-for-sexuality-studies/


タイトル:Defining Asexuality Into (Or Out Of) Its Radical Potential
著者:CJ DeLuzio Chasin
リンク:http://cj.chasin.ca/Chasin_Reconsidering%20Asexuality_NWSA-Nov.2013.pdf


タイトル:Reconsidering Asexuality and Its Radical Potential
著者:CJ DeLuzio Chasin
リンク:http://cj.chasin.ca/Chasin_Reconsidering.Asexuality_FS.Vol39.2_2013.pdf


タイトル:Asexuality: Few Facts, Many Questions
著者:Ellen Van Houdenhove/Luk Gijs/Guy T’Sjoen/Paul Enzlin
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/0092623X.2012.751073#.UouWo2R5xJN 


 タイトル:Biological Markers of Asexuality: Handedness, Birth Order, and Finger Length Ratios in Self-identified Asexual Men and Women 
著者:Morag Yule/Lori Brotto/Boris Gorzalka
リンク:http://link.springer.com/article/10.1007/s10508-013-0175-0 


タイトル:Compulsory Sexuality
著者:Elizabeth F. Emens
リンク:http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2218783


タイトル:A emergência da assexualidade: notas sobre política sexual, ethos científico e o desinteresse pelo sexo
著者:Mauro Brigeiro
リンク:http://www.e-publicacoes.uerj.br/ojs/index.php/SexualidadSaludySociedad/article/view/6984


タイトル:Making Something Out of Nothing: Asexuality and Narrative
著者:Elizabeth Hanna Hanson
リンク:http://ecommons.luc.edu/luc_diss/520/


タイトル:Disabling sexualities: Exploring the impact of the intersection of HIV, disability and gender on the sexualities of women in Zambia
著者:Anna Wickenden/Stephanie Nixon/Karen K. Yoshida
リンク:http://www.ajod.org/index.php/ajod/article/view/50/88


タイトル:Asexuality as a Spectrum: A National Probability Sample Comparison to the Sexual Community in the UK
著者:Caroline H. McClave
リンク:http://academiccommons.columbia.edu/catalog/ac:162382


タイトル:The Demography of Asexuality
著者:Anthony F. Bogaert
リンク:http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-94-007-5512-3_15


タイトル:Mental health and interpersonal functioning in self-identified asexual men and women
著者:Morag A. Yule/Lori A. Brotto/Bolis B. Gorzalka
リンク:http://www.obgyn.ubc.ca/SexualHealth/documents/Yule,%20Brotto%20&%20Gorzalka%20(2013).pdf


タイトル:A mystery wrapped in an enigma –asexuality: a virtual discussion
著者:C. J. Bishop
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19419899.2013.774168


タイトル:Asexuality special theme issue editorial
著者:Mark Carrigan, Kristina Gupta & Todd G. Morrison
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19419899.2013.774160


タイトル:Who reports absence of sexual attraction in Britain? Evidence from national probability surveys
著者:Catherine R.H. Aicken, Catherine H. Mercer & Jackie A.Cassell
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19419899.2013.774161


タイトル:How is asexuality different from hypoactive sexual desire disorder?
著者:Andrew Hinderliter
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/19419899.2013.774165


タイトル:HSDD and asexuality: a question of instruments
著者:Jacinthe Flore
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/19419899.2013.774163


タイトル:Asexuality: from pathology to identity and beyond
著者:Randi Gressgård
リンク:http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/19419899.2013.774166


タイトル:Picturing Space for Lesbian Nonsexualities: Rethinking Sex-Normative Commitments through The Kids Are All Right (2010)
著者:Kristina Gupta
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/10894160.2012.683381


タイトル:Establishing Asexual Identity: The Essential, the Imaginary, and the Collective
著者:Agata Pacho
リンク:http://gjss.org/images/stories/volumes/10/1/GJSS%20Vol%2010-1%20Pacho.pdf


[2012年]
タイトル:Understanding Asexuality
著者:Anthony F. Bogaert
リンク:http://www.amazon.com/Understanding-Asexuality-Anthony-F-Bogaert/dp/1442200995

Bogaert教授の著作「Understanding Asexuality」


タイトル:Assexualidade e Medicalização na mídia televisiva norte-americana.
著者:Elisabete Regina Baptista de Oliveira
リンク:http://www.consulex.com.br/item.asp?id=1339


タイトル:Intergroup bias toward “Group X”: Evidence of prejudice, dehumanization, avoidance, and discrimination against asexuals
著者:Cara C. MacInnis & Gordon Hodson
リンク:http://gpi.sagepub.com/content/early/2012/04/20/1368430212442419


タイトル:Producing facts: Empirical asexuality and the scientific study of sex
著者:Ela Przybylo
リンク:http://fap.sagepub.com/content/early/2012/04/20/0959353512443668


タイトル:Asexuality and Autochorissexualism (Identity-Less Sexuality)
著者:Anthony F. Bogaert
リンク:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22576251


タイトル:Asexualityにおける自認プロセス
著者:丸山明日香(執筆時:東京女子大学院文学研究科心理学専攻修士課程)
リンク(東京女子大学大学院文学研究科心理学専攻修士論文タイトルのページ):http://www.twcu.ac.jp/dept_grad/bungaku/shinri/title.html



[2011年]
調査:Analysis of the 2011 Asexual Awareness Week Community Census
実施した団体:the Asexual Awareness Week team
http://www.asexualawarenessweek.com/census/SiggyAnalysis-AAWCensus.pdf


タイトル:Asexualidad
著者:Wendy Portillo/Raúl Paredes
リンク:http://www.revista.unam.mx/vol.12/num3/art28/art28.pdf


タイトル:Theoretical Issues in the Study of Asexuality
著者:De Luzio Chasin, C. J.
リンク:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21541791


タイトル:性的マイノリティにおける無性(A セクシャル)概念の可能性-A セク シャル論文のレビュー
掲載誌:聖マリアンナ医学研究誌 11
著者:柿沼賢治・布施木誠
リンク:http://ci.nii.ac.jp/naid/40018754057


タイトル:ASSEXUALIDADE: factores de vunerabilidade psicológica
著者:Diana da Silva Couto Manero de Lemos
リンク:http://ria.ua.pt/bitstream/10773/8372/1/Tese%20Final.pdf


タイトル:Performing Asexuality through Narratives of Sexual Identity
著者:Janet Sundrud
リンク:http://scholarworks.sjsu.edu/etd_theses/4074/


タイトル:Furthering our understanding of asexuality : an investigation into biological markers of asexuality, and the development of the Asexuality Identification Scale
著者:Morag Allison Yule
リンク:https://circle.ubc.ca/handle/2429/36901


[2010年]
タイトル:La identidad 'asexual'
著者:Luis Álvarez Munárriz
リンク:http://www.ugr.es/~pwlac/G26_40Luis_Alvarez_Munarriz.html


タイトル:New Orientations: Asexuality and Its Implications for Theory and Practice
著者:Karli June Cerankowski/Megan Milks
リンク:http://connection.ebscohost.com/c/articles/57718421/new-orientations-asexuality-implications-theory-practice


タイトル:What Asexuality Contributes to the Same-Sex Marriage Discussion
著者:Kristin S. Scherrer
リンク:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2892980/pdf/nihms201069.pdf


[2009年]
タイトル:女性的な仕草が見られた無性愛の男性摂食障害の1例
(A male asexual patient with anorexia nervosa with effeminate behavior: a case report)
著者:原口祥典/國武裕/山田茂人
リンク:http://ci.nii.ac.jp/naid/40017075455


[2008年]
タイトル:Coming to an Asexual Identity: Negotiating Identity, Negotiating Desire
著者:Kristin S. Scherrer
リンク:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2893352/pdf/nihms201081.pdf


[2007年]
タイトル:Asexuality :Classification and Characterization.
著者:Nicole Prause/Cynthia A. Graham
リンク:http://www.kinseyinstitute.org/publications/PDF/PrauseGraham.pdf


タイトル:Howard Overing SturgisのTimとBelchamberにおけるアセクシュアリティ
(ASEXUALITY IN HOWARD OVERING STURGIS'S TIM AND BELCHAMBER)
著者:本合陽
リンク:http://ci.nii.ac.jp/els/110007172162.pdf?id=ART0009131776&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1373176588&cp=


タイトル:Aセクシュアリティの社会学―現代的恋愛の成立過程とAセクシュアリティの出現―
著者:西村菜美(京都大学大学院文学研究科行動文化学専攻修士課程)
リンク:http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/lib/master2007


[2006年]
タイトル:言説分析からみるAsexualの課題と展望
著者:不明
リンク(お茶の水女子大学大学院人間発達科学専攻修士論文題目のページ):http://www.dc.ocha.ac.jp/human/appsoc/thesis.html


[2005年]
タイトル:アセクシュアリティの社会学
著者:西村菜美(執筆時:京都大学総合人間学部人間学科人間関係論専攻)
リンク:なし
※論文のコピーあり


[2004年]
タイトル:Asexuality: prevalence and associated factors in a national probability sample.
著者:Anthony F. Bogaert
リンク:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15497056


タイトル:女ふたりという関係--『子どもの時間』にみる「ロマンティックでasexualな関係性」試論
著者:染谷泰代
リンク:http://www.jca.apc.org/wssj/nenpo/25.html
染谷論文が掲載されている女性学年報第25号


[2003年]
タイトル:What does sexual orientation orient? A biobehavioral model distinguishing romantic love and sexual desire.
著者:Lisa M. Diamond
リンク:http://www.psych.utah.edu/people/people/diamond/Publications/What%20does%20Sexual%20Orientation%20Orient.pdf

ページビューの合計